キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

ライフスタイル

【もやもや】借りたものを返さない人【10の特徴と心理・3つの対応策】

借りたモノを返さない人の特徴10 借りたものを返さない人、いますよね。知人や同僚に先輩、友人または恋人と、貸す側との関係によっては、なかなか「返して」と言い出しにくい場合もあるのではないでしょうか。貸しっぱなしは精神的にモヤモヤしますし、まし…

【上から目線の人】10の特徴・心理と3つの対処法

上から目線の人っていますよね。 他人を見下げているような、馬鹿にしているような、横柄な態度や言動を取る人。傍から見れば、なんでこんな奴に?と思うような相手が多く、「一体何様?」とイラッしてしまうことも。なぜこんな態度を取られるのかと頭にきた…

【実家依存】親のために結婚を諦めた話【自分より親が大切・親と一緒にいたい】

その昔は、親という存在は何があっても敬わなければならず、親が嫌いという思いは簡単に口にできませんでしたが、「毒親」という言葉が出回るにつれ、親が嫌いと感じることも普通の感情だと認識されるように。子供を縛りつけ共依存状態にさせようとする親の…

モラハラ夫になる男の見分け方【母親との関係でわかる?】

モラハラ夫になる男の見分け方【母親との関係でわかる?】 モラハラとはモラルハラスメントのことで、暴力ではなく言葉や態度で精神的に相手を追い詰める人のこと。パートナーへのモラハラが家庭内で問題になり、それが原因で別居や離婚になる夫婦も増えてい…

【嫁姑問題】不仲ループを断ち切るには【理由・解決】

結婚後なんらかのかたちで起こってしまいがちな嫁姑問題。最近では義家族とは別居する場合が増えていますが、離れているぶん、息子の家庭のことが知りたくなり、ついつい行動に移してしまう姑も多い。 一方で自分が嫁の立場だったときのことを思い起こし、嫌…

【40代】結婚できない男女の10の特徴・3つの改善方法【だいたい経験値】

30代後半から40代のアラフォー世代の独身の男女。婚姻歴がない未婚の男女は知り合いにも多いのですが、各々にそれぞれの事情があるはず。そして考え方や気持ちの違いも。 独身アラフォー世代に見られる特徴10と、3つの改善方法について考えます。 1 出会い…

【あざとい】素朴な女性はモテる?誰に?【5つの特徴・3つの本音】

「素朴な女性」というとどんな女の人をイメージしますか。男の人で「素朴な女性」が好きだと口にする人がいますが、具体的にどういう人なんだろうと考えてしまうことはありませんか。 「素朴さ」とはどういうことで、外見や内面はどういう人を指すのでしょう…

【結局ひとり】ヒロシの素直さが沁みた話【家族に看取られること】

こんにちは。先日Twitterで流れていた、ある記事が目に留まりました。 kaigo.homes.co.jp お笑いタレントとして活躍、最近ではソロキャンプ動画を配信する人気YouTuberヒロシのインタビュー記事です。 贅沢に興味がなく、独身主義者なことは何かで読んで知っ…

【心理】メールSNSで絵文字を多用・語尾にカタカナ使う人の3つの心理と対処法【ダサい】

こんにちは。メールやLINE、SNSなどで、やたらと絵文字を使いたがる人。また同じような場面で、「……ですネ」「〜カナ」「〜ヨリ」といった語尾にカタカナを使う人。 案外多いのではないでしょうか。どちらも相手の考えが把握しずらく接し方に困ってしまい、…

【この一言で】嫌いな物を自慢げに話す人の気持ちと、対応したい3つの言葉【OK】

こんにちは。食べ物で「私、◯◯が大嫌い〜」「これ食べられない」と主張する人。特に自慢するような話ではなく、むしろ後ろめたくてもおかしくないことなのに、なぜか勝ち誇ったように自慢げに話し出す人、いませんか? ここでは、好き嫌いを自慢げに話す人の…

【お子ちゃま】幼稚な人との付き合い方【軽さと鈍感力で勝負】

【お子ちゃま】幼稚な人との付き合い方【鈍感力で勝負】 こんにちは。職場の同僚や、友人知人など、身の回りの『幼稚な人』と、ストレスを溜めることなく、上手に付き合うためにはどうしたらよいのでしょうか。今回はそのことについて。冒頭で言ってしまいま…

【結果を出せない】心が折れそうになったとき立ち直る3つの方法【もう限界】

心が折れそうになったときの立ち直り方 こんにちは。たとえば、夢に向かって頑張ってきたけれど、どうしても結果を出すことができない。もう限界かもしれないと落ち込む。どうせ自分なんかには無理なんだ。「諦めも肝心」という言葉がありますが、本当にそれ…

【自信のなさ】「ガツガツしてる」とは?口にする人の本音【嫌な言葉】

こんにちは。「……ガツガツするつもりないの〜」「ガツガツ働きたくないから〜」 会話のなかで出てきた言葉。最初聞いたとき「へっ?」と聞き返しそうになりました。言われてみれば「ガツガツ」は、案外日常で使われている言葉。でも無数にある言葉から、あえ…

【年賀状】出したくない心理と年賀状を相対性で考える思考【面倒・なんで私だけ】

こんにちは。毎年億劫に感じてしまう年賀状。細かな作業が好きな人はいいのでしょうが、そうではない私は、面倒くさーと思いながら、毎年、年賀状を出しています。全然会っていない人に、どうして年賀状を出し続けるのかという疑問。そして一体いつまで送り…

【無視】姑からの電話をスルーし続けた話【結果オーライ】

姑からの電話をスルーし続けた話 姑から嫁への電話やメール。あれは一体何なのでしょうか。だいたいにおいて、大した話はありません。滅多なことでもない限り、用事などあるはずがないからです。 姑の用件一覧・これは捨てていいの?・お礼の電話よ・特に用…

【息子の結婚】男性の結婚適齢期が案外早い【自分次第】

こんにちは。先日、こんな記事を読みました。 toyokeizai.net 内容を簡単に説明すると、男性の初婚年齢は27歳がピーク。その後の婚姻率は急激に減少するというもの。 記事では、とある結婚支援の講演会で、27歳ピークの話を聞いた30代で独身の息子と同居する…

【結局】あてにされる人より・必要とされる人になりたい【自分次第】

こんにちは。「あてにされる人」になりたいですか?私は以前は、あてにされる人になりたいと思っていましたが、最近、考え方が変わってきました。 簡単にいえば「あてにされる人」になったところで、「あてにしたがる人」を呼び寄せてしまうだけと気づいたん…

ドラマ『こもりびと』を見て引きこもり40代男性について再考

こんにちは。以前、ひきこもりについての記事を書きました。 noji-rei.hatenablog.com 引きこもりを無理に解消することはない。バイトしてパソコンを買って収入を得る手段を模索すればいいという考えで、私の身近な人間に起こったことも書いたもの。最近にな…

【ストレス】回りくどい人の10の特徴と対処法

こんにちは。周囲にいませんか。「回りくどい話し方をする人」 今回は、回りくどい話し方をする人の10の特徴と、対処法について書きます。 まわりくどい話し方をする人の特徴 1 察して欲しい 2 相手を試している 3 考えが浅くて幼稚 4 相手の気持ちにな…

【決定版】本人の前で悪口を言う人・5つの心理と2つの対処法

こんにちは。本人の目の前で、悪口を言う人、いますよね。独り言のように、目の前の相手の悪口を言う人は、何を考えてそのような言動を取るのでしょうか。今回は、本人の目の前で悪口を言う人の心理と、その対処法についてです。 本人の前で悪口を言う人の心…

【会いたい】久しぶりに連絡してきた友人【4つの心理と対処法】

何年も会っていない友人から急に連絡が。そういうときどうしますか? びっくり 嬉しい 面倒 会いたくない そんなふうに、色々と考えてしまうのではないでしょうか。ここでは急に連絡をしてきた友人の心理。そして連絡をもらったときはどうするか、について考…

【思考】ペットを「子供代わり」と他人から言われたら?【子なし夫婦】

こんにちは。さてタイトルの、ペットを「子供の代わり?」と言われたら、について。ふらっとネットを徘徊していて、こちらのトピックを見つけました。 girlschannel.net 猫を飼っている子供がいない既婚女性が、職場の年配女性から「猫は子供の代わりなのね…

【だから嫌い】人から嫌われるただ1つの理由と対応策【鈍さと自意識】

こんにちは。人から嫌われてしまう人は、どんな人なのでしょう。 誰からも好かれる人なんて存在しないし、全員から好かれる人になる必要もない。好き嫌いは個人的趣向だし、簡単にどうこうできる問題ではないはずです。それに出会いと別れを繰り返すことこそ…

【人間関係】夢は叶えるものか見るものか、現実と妄想を勘違いする恐ろしさ【非現実に生きる】

夢はありますか?そう聞かれたら、どういう夢を連想しますか?夢には2種類ありますね。 ・叶えたい夢 ・眠っているときにみる夢 ここでの夢は当然、前者の人生で叶えたい夢、実現させたい物事についての話です。 ▼快眠の話はこちらです。 noji-rei.hatenabl…

勝村政信の三浦春馬への炎上で、追悼とは何かを考えた

Twitterで拡散された、数名の男女の写真。三浦春馬へ向けた、舞台共演者たちの寄せ書きが炎上して、中心人物の俳優、勝村政信が謝罪文を所属事務所のサイトに載せました。 三浦春馬さんへの寄せ書きに批判 勝村政信が謝罪 https://t.co/eU7JwHisgt — シネマ…

【思考・分析】女同士の集まりに彼氏や夫を連れてくる友人

女同士で集まるときに、必ず彼や旦那を男性を連れてくる友人。 しょっちゅう集まっているわけじゃなくて、年に1度、2時間ていどの集まりなのに、必ず旦那を連れてくる人って、どういう考えなんだろう。あと男の方は一体何を考えているんだろう、嫌じゃない…

揺れ恐怖症の日常【避けているモノ・コト】

私は「揺れ恐怖症」です。 ▼以前、このような記事を書きました。子供のころの違和感と、それが「揺れ恐怖症」であることに気づくまでのお話デス。 noji-rei.hatenablog.com 初めて知ったと驚く人からのご質問や、共感をいただくこともありました。マイナーな…

【帰省】マウント小姑を退治した話【家族で撃退】

こんにちは。 お盆の帰省シーズン。今年はコロナで自粛する人が多く、帰省ストレスという点ではハッピーに過ごすことができた人が多そうですね。 ただ、近くに住んでいる場合「お盆くらい帰ってきなさい」と集合をかけられ、渋々参上させられることもありそ…

【面倒・偏屈】モラハラ彼氏の思い出を語る【特徴】

こんにちは。 付き合っている彼氏がモラハラ。モラハラはDVとは違い、基準が曖昧で自覚しづらいことが多いもの。 付き合っていくうちに洗脳されてしまって、彼の考えが当たり前になり、自分を責めてしまうこともある。 今回は私が20代のときに付き合ってい…

【毒親】親の洗脳を解いて自由になろう!【3つの手順】

こんにちは。親子関係って、本当に難しい。 子供の頃は、親の言動が判断の基準なこともあって、違和感を抱いても親には従いますし、そう感じることすら罪悪と自分を責めることもあるでしょう。 たとえその親が毒親だとしても、なかなか気づかないものです。 …