セコいタマシイ

のじ・れいか。40代フリーター女。モテない、人気ない、金もないの3拍子。エンタメ好きは現実逃避の手段のひとつ。

ギンザシックス(GINZA SIX)のトイレは使える!

 

はじめに

2013年、閑古鳥が鳴いていた銀座松坂屋が閉店し、あっという間に更地になり3年余。

2017年4月20日に複合商業施設ギンザシックス(GINZA6)がオープンしました。

 

あらゆるメディアに取り上げられていますが、ギンザシックス、
さて実際は
どんなものなのか??

 

さらっと覗いてきました。

銀座がにぎにぎしてる!

 地下鉄を降りると、ご丁寧にしっかりと誘導の張り紙が。 

f:id:noji_rei:20170501235045j:plain

 

f:id:noji_rei:20170501235147j:plain

A1(交番横)を出ると凄い人です!

こんなにイキの良い銀座を見たのは久しぶりな気がします。

 

f:id:noji_rei:20170501235322j:plain

よく見ればアジア系の観光客が多いのに気付きますが、
なんにせよ街が活気づいているのはよいことです。

 

ギンザシックス到着したよー

あっという間に到着しました。

f:id:noji_rei:20170501235505j:plain

 GINZA SIX外観です。

f:id:noji_rei:20170501235545j:plain

ディオール」「セリーヌ」「サンローラン」「ヴァン クリーフ&アーペル」「ヴァレンティノ」「フェンディ」など、ラグジュアリーブランドの外観および内装は有名デザイナーが手がけています。

 

f:id:noji_rei:20170501235718j:plain

 

が、

そんなことより。

人。

 

f:id:noji_rei:20170501235802j:plain

 銀座通りに面した入り口から入ると、すぐに2階に続くエスカレーターがあります。

 

「立ち止まらないでください!」

 

と声をかけ続けるスタッフたち。

買い物に来たことなど忘れてしまいそうです。

 

f:id:noji_rei:20170502000001j:plain

更に上の階へ。

内装はモダンで上品。

デコラティブさを抜いてモダンになった日本橋髙島屋が
だーっと広がったと言えなくもありません。(わかりずらい?)
高級ショッピングモールらしいってことです。

f:id:noji_rei:20170502000126j:plain

 天井からぶら下がる草間彌生のオブジェ。

f:id:noji_rei:20170502000233j:plain

  

GINZA SIXは、「松坂屋銀座店」跡地を含む街区、ならびに隣接街区の2つの街区で構成された再開発事業で、銀座エリア最大の複合施設となる。施設中央の大きな吹き抜け空間では、オープニングを飾る展示として、森美術館の監修のもと、世界のアートシーンで活躍する前衛芸術家・草間彌生の新作インスタレーションが2018年2月25日までの期間限定で展開される。

なるほど、これは期間限定なんですね。

ショップの人の入りにはバラツキがあります。
草間彌生のグッズを販売しているショップは、大盛況。

f:id:noji_rei:20170502000348j:plain

さすが銀座、アートに関心の深い方が多く来店している様子。

f:id:noji_rei:20170502000857j:plain

滝の流れるデジタルサイネージが憩いの空間を演出。
都会のオアシスを目指しているのでしょう。

f:id:noji_rei:20170502001004j:plain

ショップごとにタレントや有名経営者からお花が届いていました。
ADOREは中谷美紀田丸麻紀、同じ花? 事務所一緒だった? 

……違いました。
被ったというより、趣味が合ってるのだと言っておきましょう。

商業施設にトイレあり!

わたしがお店を選ぶとき、最も重要視しているのが、トイレです。
飲食店でもトイレが微妙な店はポイントが下がりますし、
接客とトイレがよいと逆にポイントが上がります。

外出のときのために、あらゆる場所のトイレは必ずチェックしておきます。

 

さて、ギンザシックス(GINZA6)のトレイはいかがでしょうか。
施設によっては各階にトイレが設けられていないところもありますが、
ギンザシックス(GINZA6)はフロアが広いこともあって、
中2階状態の2階以外はトイレが確保されているという気前のよさ。

 

トイレ使ってみました

 

人通りの多い4階のトイレを使ってみました。

 

f:id:noji_rei:20170502001056j:plain

 入り口。正面から男女で左右に分かれます。

f:id:noji_rei:20170502001128j:plain

入ってすぐが手洗いで、奥にパウダーがあります。
すごく並ぶかと思ったら、案外すぐに使えました。
ポイント高いです。

f:id:noji_rei:20170502001220j:plain

既にゴミが捨ててありますが……

f:id:noji_rei:20170502001418j:plain

……マメにお掃除が入ることでしょう。 

ベビーベッドもあってお母さんも安心。
オシャレおねえさん用のフィッティングルームもありました。

 

一時期、女性を意識し過ぎて、過剰な装飾をするトイレがありましたが、
そういうトイレはメンテナンスに手間がかかるため、
長い目で見ると劣化が目立つことがあります。

なので、シンプルな内装や衛生陶器を使っているトイレの方が好感が持てます。
不特定多数が利用するトイレですからね。


オシャレおねえさん用のフィッティングルームもありました。

さてと、

パウダーは?

f:id:noji_rei:20170502001744j:plain

パウダーでは電源を取ることも可能。
決戦の金曜日のときなど心強い舞台裏になりそうですな。

 

サナギ渋谷もレポしています。ぜひ!

noji-rei.hatenablog.com

 

渋谷の最新スポットもレポしています!

noji-rei.hatenablog.com

 

そのほか 
フードコート、屋上、地下食品

 

f:id:noji_rei:20170422225942j:plain

食事は高級なものからお手頃なものまで幅広く扱っていました。
ここはフードコート。

 

f:id:noji_rei:20170502001858j:plain

お友だち同志で利用するときなどよさげ。

 

f:id:noji_rei:20170502001935j:plain

屋上にも行ってみました。ここはたぶん、すぐ飽きられると思います。
しかも屋上はエレベーターでしか行かれず、不便なのでやがて閑散としちゃうんだろーなー。 

f:id:noji_rei:20170502002041j:plain

f:id:noji_rei:20170502002125j:plain

屋根がないので、このままでは真夏は灼熱地獄になること、うけ合いです。

 

食品売り場の 地下2階も覗いてみましたよ。

f:id:noji_rei:20170502002206j:plain

ハイブランドのスペースは1階なので、食品売り場とは離したかったのでしょうか。
食品売り場も、ほかの売り場同様、限定品など工夫を凝らしている様子です。
ただ一般的には、百貨店が食品を地下に設けている理由として、車や駐車のアクセスのよさが挙げられますが、ギンザシックス(GINZA6)は地下鉄と直結していないので、その点ではあまりメリットは感じません。

 

おすすすめ、というか、楽しそうだったのは地下1階のコスメ売り場。
CHANELの売り場ではルージュの自販機がありました。

f:id:noji_rei:20170422233606j:plain

おもしろそう。
でもショップで買った方がいいかな。

いずれにしても、あと1か月くらいしたらもう一度来訪してみるつもりです。

Diorカフェは90分待ちだったので、機会があれば行ってみようと思います。

 

野路れいか