キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【トイレ】「渋谷キャスト」にあるイカす内装。THE RIGOLETTO(ザ・ リゴレット)のトイレにGO!

渋谷キャストがグランドオープン

渋谷駅から明治通りを宮下公園に向かって歩いていると
見えてくるのが、2017年4月28日に開業した「渋谷キャスト」です。
今回は渋谷キャスト共有施設内のトイレおよび、施設内レストラン「THE RIGOLETTO」(ザ・ リゴレット)のトイレを見学してみようと思います。

f:id:noji_rei:20200217174848j:plain

渋谷キャスト外観

 

shibuyacast.jp


〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-23-21

地下1階地上16階で構成されている、クリエイティブな体験に満ちた複合施設ということで、わかりやすく言えば、商業施設、シェアオフィス、賃貸住居からなる複合施設です。
オフィスは会員になり、オフィス用空間をシェアするという仕組みを導入しており、「仕事を生み出すプラットフォーム」を目指しているということ。渋谷の立地を生かした新しい試み、といった感じでしょうか。

賃貸住宅は渋谷キャストアパートメントと呼ばれ、ワンルームから3LDKまでの間取りが用意されているそうです。

1階トイレに潜入

施設ができたとき、わたしがもっとも気にするのはトイレです。
当然、渋谷キャストも見てきました。

f:id:noji_rei:20170430014842j:plain

明治通り側エントランス横の入り口を入ると、
すぐに表示があります。

f:id:noji_rei:20170430015507j:plain

建物に合わせた白を基調にしています。
ギャラリーのトイレをイメージしたような?
ヒルサイドテラスにもこういうトイレが入っていた気がします。

白は清潔感があるのですが、汚れが目立つのうでメンテナンスは厄介かもしれません。
また、長い目で見ると、衛生陶器は壁付きの方がよいように思えます。

f:id:noji_rei:20170430020258j:plain

シートクリーナーを設置するトイレが増えてきました。

f:id:noji_rei:20170430020731j:plain

この施設は商業施設も入ってはいますが、メインはオフィスと賃貸の複合施設です。
そのような背景からか、子連れ客などへの配慮は感じられません。
施設のトイレとしては、いたって普通の造りでした。

  f:id:noji_rei:20170430023202j:plain

あ、でも手前のブースには手すりはありました。

f:id:noji_rei:20170430014606j:plain

凹凸のあるモザイクタイルを使った洗面コーナー。

ふらふらと、 THE RIGOLETTO(ザ・ リゴレット)に足が向き

渋谷キャストにはレストランが一軒入っています。
一般客にとっては、ここが目玉だと言っても過言ではないと思います。

THE RIGOLETTO(ザ・ リゴレット)という、スパニッシュイタリアンの、なんでもアリなお店です。

f:id:noji_rei:20170430023613j:plain

f:id:noji_rei:20170429195748j:plain

 

なんとバブルくさい内装なのでしょうか。
でも好き!

f:id:noji_rei:20170429195747j:plain

 

 バブルの匂いに誘われて、ふらふらと内部に侵入しました。

f:id:noji_rei:20170430025522j:plain

「お席が用意できました」とお声をかけていただき、店内階段で上へと。

f:id:noji_rei:20170429203232j:plain

 

おお!
これは相当に好み!!
北欧のデザイナー、ヴェルナー・パントンを彷彿させます。

f:id:noji_rei:20170429210125j:plain

ガラスブロックを使っている壁もあったりして、
70年代モダンを意識した内装です。

f:id:noji_rei:20170430032401j:plain

しばし恍惚としてから、店内のトイレへと向かいます。

 

さて、THE RIGOLETTO(ザ・ リゴレット)のトイレにGO!

f:id:noji_rei:20170430033818j:plain

照明の関係でエロさ漂う入り口。

f:id:noji_rei:20170430034235j:plain

壁、床はタイル張りです。
「うわーぴかぴか」という印象ではありません。
むしろ既に使い込まれているような貫録が漂っています。
つまり「あえて」アンティークな雰囲気を演出しているのです。
もちろん人の手はしっかり入っています(行き届いています)。
個人的には飲食店のトイレは、こういった落ち着いたインテリアが好みですね。

f:id:noji_rei:20170430034540j:plain

ヨーロッパのホテルのバスルームみたいな洗面。

f:id:noji_rei:20170430034657j:plain

手洗いは自動。
ダイソンのドライヤーは横の棒に手を差し出すと温風が出ます。
あまりハンドドヤイヤーは使わないのですが、ダイソンに反応してしまいました。

ちなみにランチもやっているというので、次回は昼に偵察しようと思います。

 

それでは。
最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

のじれいか(@noji_rei) でした。