キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【マスクメイク】いるもの・いらないもの【ファンデも潔く変化】

こんにちは。
コロナウイルスが蔓延し、外出時はマスクをつけるのがマストになっています。

そんな日々で、毎日のメイクが大きく変わったことを実感しています。

マスクメイクで必要を感じなくなったもの、逆に必要に感じるようになったもの、また、マスクによるメイクの変化について書いていきます。

 

f:id:noji_rei:20201129101401j:plain

  

 

マスクメイクでいらなくなったもの

 

1 口紅
2 ファンデーション
3 チーク

口紅はマスクに付いてしまうだけなので使いません。乾燥が気になって仕方ないときは、たまにリップを塗るていど。色が付いている必要はないというか、現状は邪魔にすら感じられるので、無色のものを選ぶようになりました。

 

荒れや乾燥が気になるときに。匂いもない方が好き。

 

 

ファンデーションは、肌の調子が悪くなって皮膚科に行った際、マスクは肌荒れを起こしやすく、ファンデーションは止めた方がよいとアドバイスを受け、現在は使用を控えています。


皮膚科の先生から、代わりに勧められたのはフェイスパウダー。メイクというよりは、紫外線や外気が肌に直接触れることから守ることが目的です。

最近使い始めたのはこちら。


絹から抽出したシルクパウダーとマイカ(雲母)を酸化チタンの被膜で覆うキラキラの粒子が混ざったパウダーです。

保護が目的なのでカバー力は高くありません。色もほとんど付きませんが、ラメのキラキラ感が若干あり、肌を健康的に見せてくれる。

 

f:id:noji_rei:20201130165439j:plain

 

f:id:noji_rei:20201130165148j:plain




香りがないのも気に入っています。マスクをしているときは無香の方がいいのかも。

 

チークはマスクを外したときに、擦れてしまうので付けていません。

チークは効果的に使うと健康的に見えますが、何しろマスクで覆っているので、無理をして付けたいとは思わなくなりました。

 

マスクメイクで必要に感じるもの 

 

1 アイブロウ
2 アイシャドウ
3 保湿

 

アイブロウは、ぶっちゃけ一番見える部分が眉だからです。
逆にいえば、ここをきれいに仕上げておけば、それなりに見えるかなと。


アイシャドウはナチュラルな仕上がりを心がけるように。
色味は抑え気味にしています。

 

 


マスクによる乾燥や肌荒れが気になるところ。今は保湿が一番大切です。
肌の状態に応じて保湿用のクリームやオイルを持ち歩くようにしています。

 

 

まとめ

 

私もマスクで肌荒れを起こしたクチですが、同じような方は、この機会にメイクの見直しをしてみるとよいかもしれません。

私の場合は、マスクメイクで心がけているのは、あまり足さないこと。あと肌をきれいに見えるように心がけています。


それではまた。
のじれいか でした。