キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『台風家族』言葉足らずで不器用な家族の姿【ネタバレ・感想】

草なぎ剛が主演の映画『台風家族』は、行方不明者になった父親の葬儀のため、久しぶりに実家に集った兄弟が、相続で大揉めするお話です。

草なぎ剛が本気のクズっぷり、中村倫也が本気のオタっぷりを見せてくれます。

この話は、最初はムカつきながらも、小鉄の立場で話を追っていくと納得できるし、感じられるものがありました

ストーリーと、ここが楽しい、ここが残念、と感じたポイントをネタバレありで解説します。

これから観ようかなと考えている方の参考になればと思います。よろしければ、最後までお付き合いください。

『台風家族 』をU-NEXTで観る

 

 

台風家族

f:id:noji_rei:20210503180230j:plain
※本記事の情報は2021年5月時点のものです。 最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

作品情報

 日本 108分 2019年 

監督:市井昌秀
キャスト:
長男・鈴木小鉄(草なぎ剛)
小鉄の妻・美代子(尾野真千子)
長女・麗奈(MEGUMI)
次男・京介(新井浩史)
三男・千尋(中村倫也)
父・一鉄(藤竜也)
母・光子(榊原るみ)

小鉄の娘・ユズキ(甲田まひる)
麗奈の彼氏(若葉竜也)

 

予告

www.youtube.com

ストーリー


鈴木家の長男、小鉄(草なぎ剛)は、結婚して妻、美代子(尾野真千子)と娘のユズキ(甲田まひる)の3人暮らし。小鉄は、仕事をリストラされ求職中だが、かつては売れない俳優だった。

小鉄の父親、一鉄(藤竜也)は、10年前に銀行強盗をしたまま、妻、小鉄たちの母(榊原るみ)と行方不明になっている。

失踪宣告で法律上は亡くなった扱いの、小鉄の葬儀を執り行うことなり、実家に小鉄の妹で長女の麗奈(MEGUMI)、次男の京介(新井浩文)、三男の千尋(中村倫也)が集う。 

身内だけの葬儀なので集まったからには本音の会話が飛び交う。早々に遺産分割について話を進める兄弟たち。一鉄が盗んだ現金2,000万年の行方は不明なので、実家を売った現金を4分割する話でまとまりかけたが、金の亡者でクズの小鉄が自分の取り分を多く主張、やがて全額相続したいと言い出す。

成功して金には困っていない京介も、意地汚くてクズな小鉄に腹を立て、口論に発展するのだった。

ここがいい1・長男小鉄のクズっぷり

 

f:id:noji_rei:20210503205224j:plain


大人になれば兄弟はそうそう会うものではなく、価値観や生活も変わるのが普通。

特にこの鈴木家は以前、葬儀店を営んでいましたが、父の一鉄が銀行強盗をやらかし、店舗兼住宅には誰も寄り付いていない。

でも事件が時効になったので、遺産分割をさっさとしようと集まっている。それまでは離散状態に近い関係だったことが伺えます。

小鉄は現在無職ですが、以前からダメな長男で、兄弟たちはそのことを知り尽くしている。父の一鉄に一番面倒をかけたのは小鉄なのに、そんな兄が自分は大学に通っていない分だけ多く相続したいと主張、やがて全額相続したいと喚き出す。もちろん兄弟たちもそれでOKと思うわけがないのに、小鉄は最低っぷりな態度です。

 

ここがいい2・三男千尋のオタぶり(ネタバレあり)

 

中村倫也演じる、三男の千尋はフリーターのオタで、「何かやらかしたい」と考えている男。兄弟が集う機会をねらって、家中に隠しカメラを設置して、YouTube配信をします。

そのあたりはありがちなので、さほど驚きはしないのですが、中村倫也のタンクトップのファッションがリアルオタっぽさ満載で、いい味出してます。

千尋はYouTuberになると言っていて、ちょっとわけがわからないところがあるのですが、根っこの部分では、両親の苦労を理解し、兄たちに両親の居場所を考えてみようと訴えます。でも小鉄の頭には遺産のことしかありません。

 

ここがいい3・実は訳あり(ネタバレあり)

小鉄は遺産をもらうために実家に来ただけ。家族がいるのに無職なのでお金が必要なのは頷ける。

けれど小鉄が、執拗までにお金に執着するのには事情がありました。

小鉄の妻・美代子は、娘のユズキが父親を嫌うのは、小鉄のぶっきらぼうで冷たい態度やセコさが理由でしたが、それはピアノの才能を開花し始めたユズキの夢を叶えさせたい一心だとわかります。

娘のために、こだわり続けていた俳優業もすぱっと廃業していました。なのでわかれば全然クズじゃないっす。

 

ここが残念?・クズ家族ではない(ネタバレあり)

 

兄弟仲もいいとは言えないし、何しろ藤竜也演じる父・一鉄は銀行強盗の犯人です。それは間違いないのですが、それも小鉄同様、理由あってのことなのがわかります。

そのあたりの事情は、物語の中盤すぎて登場する、富永月子(長内映里香)によって明らかにされるのでした。

そこからラストに向かうところで「ええっ!?」と仰天する場面もあって、コメディに捉えれば納得できるのですが、もう少し繊細に描いてほしかった気も。そこは残念な印象でしたね。

 

不器用な家族の姿(ネタバレあり)

 

一鉄が銀行強盗に及んだ原因は、謎の女、富永が一鉄にもちかけたトラブルが原因していますが、兄弟たちは家を出ているので父の事情を知らなかった。

人の本心は言葉にしないと相手に伝わらない。肉親だからこそ言葉にしなければいけないときもある。肉親同士はときに言葉を省略してしまうので、誤解しがちだし、誤解されがち。不器用だけれど実は遺すべき人たちの姿が描かれる。コミュニケーションの大切さについて考えさせられる話です。 

一見して破天荒なストーリーですが、家族の本質に問いかけてくる物語だと思いました。

 

▼草なぎ剛の出演のする映画はこちらにも!

noji-rei.hatenablog.com

 

それではまた。
のじれいか でした。