キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『地獄の花園』OLの人間関係を飛躍させたファンタジーコメディ【ネタバレ・感想】

 

こんにちは。 のじれいか(@noji_rei)です。 

映画『地獄の花嫁』は、普通のOLがなぜか喧嘩上等の『ヤンキー』というお話。

 

あり得ない話だからこそ、ただ笑える

日本もまだまだ平和だよね!



ストーリーをネタバレありでご紹介します!

 

 

 

【映画】『地獄の花嫁』

 

作品情報


監督:関和亮
2021年 102分 

<キャスト>
・田中直子(永野芽郁)
・北条蘭(広瀬アリス)
・安藤朱里(菜々緒)
・佐竹紫織(川栄季奈)
・神田悦子(大島美幸)
・七瀬小夜(室井滋)
・赤城涼子(遠藤憲一)
・鬼丸麗奈(小池栄子)

ストーリー


田中直子
は、三富士株式会社という会社で働く平凡なOL。社内でヤンキーOLたちの社内派閥があることは知りつつ傍観している。

あるとき会社にヤンキーOLの北条蘭が転職してくる。蘭はヤンキーの連中から喧嘩が強いことで有名。さっそく社内の社内のヤンキーOLの安藤朱里佐竹紫織らと喧嘩になったが彼女らを倒してしまう。そして蘭は社内で頭を張るヤンキーOLになった。

あるとき直子が痴漢に遭いそうになったのを、欄が助けたのが縁で二人は親しくなる。二人は会社帰りにLUMINEでお茶をしたり、楽しいOLライフを過ごしていた。

だが、蘭の噂を聞きつけた赤城涼子ら他社のヤンキーが、直子を拉致して蘭を呼び出す。颯爽と登場した蘭だったが、残念なことに負けてしまう。

それを見ていた直子は仕方なく喧嘩に参戦。
直子は見た目、普通の女子だが、実は二人の兄がバリバリのヤンキーというヤンキー家族に生まれ育っている。しかも直子は兄より喧嘩が強く、父親からその才能を認められていた。

そこで直子は、頭(カシラ)の赤城涼子を倒すと、自分が倒したとは話さずこっそりとその場を離れる。会社では蘭が赤城涼子たちを倒したと伝説になっていたが、数日後、今後は会社に大勢のヤンキーを引き連れた赤城涼子が報復に登場。しかも今度は『地上最強のOL』と呼ばれる鬼丸麗奈を引き連れていた。

喧嘩が強いことを隠したい直子は、呼び出しに応じることに躊躇うが、同僚の安藤朱里、佐竹紫織、神田悦子らが倒れたと知り、ランチタイムを切り上げて立ち上がった。


好きなところ

 

馬鹿馬鹿しさがいい(ネタバレあり)
喧嘩に美学を求める変換ぶりがよい(ネタバレあり)


リアルなOLたちが価値観に置く、美しさ、持ち物自慢、結婚……
そんなものをすべて『喧嘩』に置き換えている。直接的なところが笑えます。

自分が倒された喧嘩で他の連中をやっつけたのが直子と知った蘭は、より強くなることを目指します。直子とお茶をしたりOLライフは楽しかったけれど、やはり喧嘩を手放すことができなかったんですね。(なんのこっちゃ)

そこで蘭は、初代OLの七瀬小夜の元で修行を積みます。修行の後、対決した直子と蘭ですが、やはり直子には叶わず蘭は敗れてしまう。

この物語は女の話で、登場人物はほぼ女子なのですが、一人だけ男子が登場します。だいたい想像できてしまうのはヒロインが思いを寄せる異性で、本作では同僚の松浦を森崎ウィン演じています。

傷つきボロボロになって倒れている蘭の元に駆け寄る松岡は、「会社で喧嘩なんてだおうだっていいよ」と普通のことを口にします。

そこで松浦は蘭の彼氏ということが、喧嘩に勝利した直子の眼前で見せつけられてしまう。だいたい予想できるのですが、ナンセンスな捻りがあって独特のセンスが笑えます。

なんで男? と思ったら女かい⁉


ヤンキー衣装で登場する赤城涼子はトムスン電気の総務部の元締めなのですが、演じているのは遠藤憲一。同社のヤンキーOLには、松井諭、丸山智己、松村雅信らが架空OL日記でのバカリズムよろしく男性がしれっと女を演じています。

今では男性が女性役を演じることは珍しくないのですが、美しい女性になるのではなく、やはりバカリズムの女装と同じ、男性を決していないところがなんとも言えません。


▼『架空OL日記』についてはこちらにも

 

noji-rei.hatenablog.com

 

 

残念なところ

 

男目線の架空OLの変化球バージョン(ネタバレあり)


ド派手なヤンキースタイルの女性社員が平然と働く様は、面白いし意外性もあります。

OLが会社で感じている対人関係など鬱積した思いを、『喧嘩の強さこそに価値がある』と置き換えていると考えると納得できてしまいました。

架空OL日記で感じた奇妙な違和感は、たぶん自分がOL経験者だから。あんなふうにふんわり楽しくはありませんでしたし。男が傍で眺めているほどにはキラキラふわふわなんてしていないんですよ。

つまりバカリズムの描くOLは実在していそうで、たぶんいない。もしくはすごく昔のOL像なんじゃないかな。面白いからいいんですけど。新しさは感じませんでした。



それではまた。のじれいか でした。