キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『イルマーレ』サンドラ・キアヌ/僕は今、2年後のきみにキスをする【ネタバレ・感想】

映画『イルマーレ』(The Lake House)は、キアヌ・リーブスサンドラ・ブロックによる、SFブストーリー。孤独を感じる男女が、時空を超えて惹かれ合うというもの。

キアヌとサンドラといえば『スピード』での共演以来、ベストカップルと言われていますが、本作では、異なる時間に存在する二人が、手紙ではやり取りができるけれど、会うことはままならない、切ないすれ違いカップルを演じています。

ストーリーについて、作品について好きだと感じたところをご紹介します。
 

『イルマーレ 』をU-NEXTで観る

 

イルマーレ

 

f:id:noji_rei:20210612193620j:plain

 ※本記事の情報は2021年6月時点のものです。 最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

作品情報

 
アメリカ 98分
監督:アレハンドロ・アグレスティ
キャスト:キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック、クリストファー・グラマー、ディラン・ウォルシュ、エボン・モス=バクラック、ショーレ・アグダシュー

予告

www.youtube.com


 

わかりやすいタイムリープ・好きなところ

 

湖畔の家(レイクハウス)に暮らす、医師のケイト(サンドラ・ブロック)は、シカゴに転居することになり、家の郵便ボックスに郵便転送の依頼を入れる。

湖畔の家に越してきた建築家のアレックス(キアヌ・リーブス)は、ケイトの手紙に前の住民など長年いなかったはずと不思議に思う。

郵便ボックスを通じて手紙を交換するうち、アレックスはケイトが2006年から手紙を出していることを知る。アレックスは2004年に存在するので2年の経たりがあるのだが、やがて二人は時間を超えて惹かれ合うようになっていく。

アレックスは2004年のケイトに接触するものの、当時のケイトはアレックスを知らない。それに熱愛ではないが、モーガン(ディラン・ウォルシュ)という恋人の存在も。

ジャンルはタイムリープSFなのですが、誰かが時代を行き来するわけではない。時をかけているようでかけていない二人。2年の時間差がある男女を結ぶのは手紙だけ。混乱せずわかりやすいストーリーです。

キアヌとサンドラの遠隔恋愛・好きなところ


ケイトは2年前、駅に大切な本を忘れていて、そのアレックスに回収を頼みます。本はケイトの亡き父が大切にしていたものなのですが、自分が置き忘れをすることなど知りもしないケイトは、駅で呑気に彼氏のモーガンとキスをして列車に乗り込んでしまう。アレックスの手にはケイトの本。しかもアレックスが追いかけても気づかないと、なかなか切ない場面ですが、そこもよかった。


その後アレックスは2004年のケイトに再び接触して、彼女の誕生日パーティでダンスをしてキスを交わします。

当時ケイトにはモーガンという恋人がいましたが、ベストカップルとはいえず、ケイトはモーガンのアプローチに困惑気味。2年後にケイトはモーガンと別れてもいる。(復縁してケイトの新築の部屋に一緒に住んでいますけど)

アレックスはとにかくケイトを追う、そこがいじらしい。ケイトの誕生日のパーティの夜、二人は裏庭で何気なく話をしてダンスを踊るのがロマンチック。アレックスの存在を知らないケイトにも、何か感じるものがあることが伝わってきます。ま、現実的にキアヌに迫られたら断れないでしょうけどね。

伏線の回収すっきり・ネタバレあり


タイムリープものは複雑な構成になりがちで、あれは一体、あれはいつ…と展開や伏線がすっきりしないことがあるのですが、この作品は矛盾を感じませんでした。

バレンタインの午後、事故死したのがアレックスと判明し、そこで話は終わりかと思えばそうではなく、ケイトは「愛してる」というメッセージとともに未来を変えてしまいます。よく過去を変えるのはよくないことだと言いますけど、すべてはフィクションなのだから硬いことは言わなくていいです。「愛の力」で嫌な未来なんかとっとと変えて欲しい。キアヌが死ぬような結末なら変えちゃって欲しいです。 

アレックスが湖畔の家のことをよく知っているのは、実はあの家はアレックスの父が建てた家だから(ケイトは未来からアレックスの父が亡くなったのを知り、未来で出版されている写真集を送る)。

また「ポストに入れて」と頼まれた本をあえて新築マンションの床下に忍ばせたのもアレックスが担当した物件だったからなのと、その後、いきちがってしまったからだと思います。


ラストは安心?・ネタバレあり

ケイトはアレックスとの交信を断ち、アレックスは湖畔の家をケイトに貸します。

ケイトと同居中(たぶん友人関係)のモーガンが訪れた設計事務所は、アレックスの弟(エボン・モス=バクラック)の設計事務所でそこでアレックスの死を知らされたケイトは、自分が母と一緒にいたときに事故死したのがアレックスだと気づき、慌ててアレックスに手紙を出します。

「私を見かけても決して近寄らないで、愛しているから、2年後に会いましょう」と書いて。


2年後、湖畔の家の前にたたずむケイトの前にはアレックスが立っている。

音楽が好き


ロマンチックな映画にふさわしく音楽もいい曲を使っています。

キーン Keane 

www.youtube.com

 安定のマッカ

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 ▼いろいろありますタイムリープ映画はこちらです!

noji-rei.hatenablog.com

 

それではまた。 のじれいか でした。