キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『ジェントルメン』マシュー・マコノヒーのスタイリッシュなコンゲーム【ネタバレ・感想】

f:id:noji_rei:20211113140450j:plain

こんにちは。 のじれいか(@noji_rei)です。 

『ジェントルメン』(THE GENTLEMEN)は、ロンドンを舞台に、多額の悪党たちの騙し合いを描いたサスペンス。

・かっこいい映像
・かっこいい音楽
・飽きない展開
・マシュー・マコノヒーをはじめ名優揃い

の映画でした!

悪い奴らの話なのですが、どこかユーモラスで、重くないストーリーが魅力的。

さすがのガイ・リッチー作品!


ストーリーのご紹介と、感じたことを書きます。
よろしければお付き合いください!

 

 

 

【映画】『ジェントルメン』

 

作品情報

2019年 113分  イギリス、アメリカ
監督:ガイ・リッチー

ガイ・リッチーといえば『アラジン』(1992)が好き

『シャーロック・ホームズ』も印象的!

キャスト


●ミッキー・ピアソン(マシュー・マコノヒー)

●レイモンド・スミス(チャーリー・ハナム)

●ロザリンド・ピアソン(ミッシェル・ドッガリー)
●ドライ・アイ(ヘンリー・ゴールディング)

●コーチ(コリン・ファレル)

●フレッチャー(ヒュー・グラント)
●ビッグ・デイヴ(エディ・マーサン)

予告

www.youtube.com

 

ストーリー


ロンドン。麻薬組織のドンのミッキー・ピアソン(マシュー・マコノヒー)を調べていた探偵フレッチャー(ヒュー・グラント)は、その結果をネタに、ミッキーの右腕・レイモンド(チャーリー・ハナム)から多額の金銭を要求している。

最初レイモンドは、ミッキーと付き合いのある、プレスフィールド卿(サミュエル・ウェスト)の娘・ローラ(エリオット・サムナー)がドラッグ中毒になっていることと、ミッキーとの関連性を調べていた。やがてミッキーの麻薬ビジネスのについて詳しく知ることになった。


フレッチャーは、映画の脚本仕立てに報告書を書いており、ミッキーが貧しい家庭に生まれ、成績優秀で名門校に奨学金で通い、上流階級の子ども相手に麻薬栽培を手がけて
のし上がったという経緯が語るところから始まる。

そうして多額の財産と権力を手に入れたミッキーは、今は
妻のロザリンド・ピアソン(ミッシェル・ドッガリー)と引退して静かに暮らしたいと、上流階級のマシュー・バーガー(ジェレミー・ストロング)に麻薬の権利すべてを売ろうとしていたことが、ミッキーの報告書に沿うように語られていく。

やがて、中国の組織から麻薬事業が買い取りたいオファーを受けるミッキーだが、それを断ったことであらゆる場所で紛争が起こるのだった。

冒頭でヤられるかっこよさ(ネタバレあり)


物語の始まり(動画予告にあります)
で、マシュー・マコノヒー演じるミッキーがテーブルに座りビールを飲み、妻のロザリンドと電話をしていたところ、背後から誰かに撃たれたらしく、冷えたグラスに血が飛び散ります。

えっ、ということは、すでにミッキーはこの時点でいないということ??

そう思っていると、ミッキーのネタを調べたヒュー・グラント演じるフレッチャーが、ミッキーの右腕・レイモンドを訪ね、物語は始まります。

ミッキーは、昔から知っている富豪のマシュー・バーガーに権利を売りたいと相談を持ちかけますが、敵もさるもの、そう簡単には首を縦には振らない。価格の問題、やがてドラッグが合法化すれば、権利が無効になるといった思惑がある。

そんな利害関係で揉めるうち、実は、ミッキーは撃たれていないことなどがわかってくるのでした。

見る側をダマす手法はコンゲームのサスペンスでは珍しくないのですが、登場人物が全員大人でかっこよく、映像もクールなので、素直にダマされてよかったと思えてしまいます。

ユーモアのセンスと非リアな展開

ドラッグの利権がらみの物語なのでハードさもあり、亡くなる人も出てきますが、どこかユーモアがあってリアルや生々しさがないため、エンタメとして楽しめるところがよかったですね。

また、不良が集う格闘技集団の子供たちが、ミッキーの所有するドラッグ栽培施設に押し入ってしまい、それを知った彼らのコーチ(コリン・ファレル)が、ミッキーの報復を恐れ、助っ人を願い出る単純さも面白い。

そもそもフレッチャーは、編集者のビッグ・デイブ(エディ・マーサン)の依頼でミッキーを調べていたのですが、肝心のビッグ・デイブは、ミッキーの味方になったコーチをはじめ格闘技集団の連中から、恥ずかしい制裁を加えられてそれを動画に撮られてしまい失脚するなど、笑える場面が仕込まれていました。

強い奥さんが好き(ネタバレあり)

ミッキーの妻・ロザリンドは、ミッキーが経営する自動車修理工場を仕切っています。ルブタンのハイヒールに金ボタンのジャケットと、着ている服もかっこよく、センスもいい。そしてなかなか気の強い女性で、影のボスの妻らしい存在感を放っていました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

のじれいか(@nojirei99)がシェアした投稿


ドラッグの権利をねらうジョージ卿の手下、ドライ・アイ(ヘンリー・ゴールディング)は、ジョージ卿を裏切り、ミッキーの妻であるロザリンドを襲いますが、そこでロザリンドは小型拳銃でドライ・アイの手下の額に向けて一発、二発とシメてしまう。

最近は、見た目はか弱く愛され系女子が流行っているみたいですが、きっと芯は誰もが強いはず。ロザリンドのような女性を目にすると、もう少し堂々と強さを前に出してもいいのかも、という気がしてきます。

 

U-NEXTで観よう!


こちらの『ジェントルメン』は現在、U-NEXTで配信中です。
 

U-NEXTは\31日間の無料/で気軽にお試しができます。クレジットカードの入力が必要ですが無料期間内に退会すれば費用は一切かかりません。

気になる作品を見て退会するのアリかも。

  • 映画、ドラマ、アニメが見放題!
  • 新作が順次配信
  • 毎月1,200円分のポイント還元!
  • 4人同時視聴可能 

   

 

※本記事の情報は2021年11月時点のものです。

 


▼こちらもスタイリッシュな洋画サスペンス

noji-rei.hatenablog.com

 

 

それではまた。のじれいか でした。