キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『ディープ・インパクト』リアルで繊細なSF【ネタバレ・感想】

映画『ディープ・インパクト』は地球に衝突する彗星と闘う人々を描いたSF。

スティーブン・スピルバーグ総指揮によるもので、1998年の製作でありながら、古さを感じさせない名作です。

映画『ディープ・インパクト』のストーリーや気になったことを、ネタバレアリで書いていきます。

 

 

 

ディープ・インパクト

 

f:id:noji_rei:20201107180830j:plain

 

『ディープ・インパクト』をU-NEXTで観る

 

作品情報

 

製作年度

1998年

上映時間

120分

監督

ミミ・レダー

脚本

ブルース・ジョエル・ルービン

製作総指揮

スティーブン・スピルバーグ

主なキャスト

タナー船長

(ロバート・デュバル)


ジェニー(ティア・レオーニ)

レオ(イライジャ・ウッド)

アメリカ大統領(モーガン・フリーマン)

 

主な場面と登場人物 

 

ディープ・インパクトは、地球に惑星が衝突する事実を知った人間たちの葛藤を描いた群像劇。彗星の存在を知って1年後、その後、衝突までのおよそ1年といった比較的眺めのお話です。

大勢の人が登場しますが、おもな場面と人物は以下です 

  • ホワイトハウス(大統領)
  • テレビ局のニュースキャスターのジェニー
  • 高校生のレオ
  • 宇宙船メサイアの船員たち

次では、それぞれの場面と人物について説明します。

 

ホワイトハウス 

 

大統領の記者会見

 

アメリカ大統領のトム・ベック(モーガン・フリーマン)は、およそ1年前から彗星の存在と、その惑星が地球に衝突する危機を知り、宇宙船「メサイア」をつくり始めていた。

その情報は秘密裏に扱われていたが、宇宙船「メサイア」が完成し、飛行士や出発も決まったことで大統領は会見を開きます。

大変だけどきっと大丈夫といったお言葉ですが、神頼みのようにも聞こえたり。

 

 

 

彗星が真っ二つに!


意気揚々と彗星に到達したメサイアの乗組員たちの任務は難航する。
核爆弾を仕込んだものの彗星は2つに割れ、地球との衝突が避けられないとわかった大統領は次の手段に出ます。

 

1 ロシアと核ミサイルを撃って軌道をそらす
2 巨大地下都市に100万人を収容させて、人類滅亡を防ぐノアの方舟戦略 
3 厳戒令がひかれる

  

このノアの箱舟、地下都市行きの切符を手にできるのは、コンピューターで選別された50歳以下の優秀な人物に限られる。

 
・ジェニー(でも行かなかったのはジャーナリストだから?)
・彗星を発見したレオ

の2名は選ばれます。

 

 

 

キャスター志望のジェニー

 

キャスターになろうとネタ探し

 

テレビ局勤務のジェニーは、キャスターに昇進すべくホワイトハウスの情報を探るうち、財務長官の辞任が女性問題が絡んでいるというネタを掴んだ。

長官の秘書から、相手の名前は「エリー」だと聞かされるが、実はそれは「種の全滅を引き起こす事象」(E.L.E)(Extinction Level Event )であることがわかる

女性問題のような下世話なスキャンダルではない。もっと大きな秘密が隠されていたのでした。

 

両親の離婚、父の再婚

 

ジェニーの両親は離婚しており、父親(マクシミリアン・シェル)が自分とあまり年齢の違わない女性と再婚。納得がいかないジェニーは、父は自分の家族ではないと突き放すように。

ジェニーは仕事に追われているが、自分にとって唯一の家族である、母(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)が父の再婚で落ち込んでいることを知り、母を案じている。

E.L.Eの情報を、大統領との約束どおり、会見まで伏せていたジェニーは、大統領の会見で最初の質問をする機会を得て、キャスターに昇進する

またジェニーは地下都市の住民に選出されてもいる。

 

天文高校生レオ

 

天文学の研究所で働くウルフ博士(チャールズ・マーティン・スミス)は、高校生のレオ(イライジャ・ウッド)が発見した彗星の情報に驚愕する。だがウルフ博士は彗星を発見した直後、車の運転中の事故で亡くなっていた。

何も知らないレオは、一年後、大統領のテレビ会見で、自分の発見した彗星が取り上げられていることを知る。そしてレオは一躍ヒーローに。

 

地下都市にガールフレンドを連れていくため結婚

 

宇宙船「メサイア」の爆発作業が失敗し、彗星が2つに割れてしまう。そして、このままでは衝突は避けられない状態に。

レオは地下都市の住民に選ばれるが、ガールフレンドのサラ(リーリー・ソビエスキー)の家族は選ばれなかった。

結婚すればパートナーとして一緒に地下都市へ行かれると知ったレオは、サラにプロポーズ。めでたく二人は結婚しますが、サラの家族は連れて行けないことがわかり、サラは両親や妹と残ることを決める。

レオは一度は地下に向かうものの、結局はサラの元へ。
 

メサイアの船員たち

 

宇宙船「メサイア」の任務は、核爆発で彗星の起動をそらすこと。

・岩や砂、氷の嵐を抜ける大変さ
・作業時間は明け方までと限定
・燃料は限られている

といった過酷な中での作業。最初はベテラン船長のタナー(ロバート・デュヴァル)と若手乗組員たちとの間で確執がある。

でも作業現場は、シミュレーションではないので若手たちは難航。ベテランには従っておきなさいの流れです。そんなことをするうちにチームワークが育っていく。

作業では1名が爆風に飛ばされ、1名が作業時間が長びたことで強烈な強い光を浴びて目を負傷します。


その後メサイアは通信が故障。地球との交信が不通になるのでした。

 

 

 

地球はどうなるのか?(ネタバレ)

 

メサイアは犠牲的精神で惑星に向かう
 

メサイアの仕込んだ核爆弾によって、2つに割れた彗星に向かって、今度はロシアがミサイルを発射させるが失敗。

地球に向かう彗星小彗星は大西洋沖に墜落する予定。大彗星はその3時間後カナダ西部に墜落する予定。そうなれば2年は光も失い、動物、植物も死に絶えるであろうという最悪の事態に。

地球との交信が途絶えていたメサイアのタナー船長は、最初の爆発で彗星にできた穴に残りの核を仕掛けて破壊できないかと考えつく。

乗組員らは、当初自分たちが助かる道を考えましたが、それは無理だとすぐに悟る。


彗星発見のレオは

レオはサラを探し、やっと再会できたサラとバイクで山を上ります。小彗星の衝突による津波はすぐ側まで近づきながら、必死に山を登り続けるのでした。


キャスターのジェニーは父の元へ


ジェニーは地下都市に移住する権利があったのに行きません。それどころかヘリコプターで逃げる権利も同僚のベス(ローラ・イネス)に譲り、自分は家族の思い出の場所である海辺の邸宅に向かいます。

そこには再婚相手と別れてひとりになった父の姿があったのでした。

 

 

 

アメリカ主導の世界観がいかにも90年代

 

彗星衝突による地球の危機を、大統領が会見で国民に知らせるわけですが、ほとんどアメリカのことばかりで、そこは今見るとそこは笑えるところです。

「各国首脳には伝えた」という台詞があるくらい。
きっと今の時代だったら、この流れはないんだろうな。

 

彗星接近という危機の内容が似ているためか、映画『アルマゲドン』に似ていると比較されることが多いのですね。『アルマゲドン』はコメディっぽい要素が含まれていて、『ディープ・インパクト』とは全然違う流れだと思うのですが。
 

ジュエリーの存在が人間の儚さを表現している

 


この『ディープ・インパクト』でも、何度かジュエリーが登場します。監督のミミ・レダーらしい繊細な演出です。

レオが、サラに金のリングを差し出してプロポーズする場面は『ロードオブザリング』に思えてしまう。(どうしても)

 


ロード・オブ・ザ・リング [ イライジャ・ウッド ]

 

気になったのはジェニーのパールのチョーカーネックレス。

テレビ局勤務という立場を意識しているのか、ジェニーは同じパールのチョーカーを常に身につけ続けていました。

ジャスターへの昇進、母親の急死、地球の危機、何があってもジェニーはネックレスを決して外さない。……というか、金のネックレスのように付けっぱなしではなく、パールのチョーカーなので、毎晩外して、翌朝、同じものを身に着けている。

 こんなふうにグラデーションが入ってる


ネックレス 真珠パール ネックレスパールチョーカーあこや本真珠 6.5mm-7mmネックレス 送料無料 冠婚葬祭 セレモニー フォーマル カジュアル アクセサリー ジュエリー 人気

 

母の死の報せを受けたジェニーが、母が身につけていた金のネックレス、リング、ピアスといったジュエリーを受け取る場面はとても印象的でした。

いつも身につけているジュエリーはその人と同じ存在。つまりその人からジュエリーが外されていたことで死が表現されている。

ドラマの前半、ジェニーは父親の再婚相手から、まるでパールのチョーカーに合わせたような、パールのイヤリングを贈られますが受け取りません。

「人生は続く」という父の再婚相手の言葉に、ジェニーは自嘲的に笑い、母の元に戻ってほしいと自分の気持ちを父に伝えます。確かに自分のことしか考えていない人だとわかる一言だと私も思いました。

そんな成功を手にしたジェニーなのに、生かされる道を自ら手放してしまいます。キャスターになりたいとスキャンダルを探る一面と、父と共に海辺の家で死を待つ一面。そのどちらも一人の女性の生き様として、切なくも勇敢なものだっだと私は感じました。

 



それではまた。
のじれいか でした。