キレイなトイレ調査研究所

外出先で使えるキレイで安心トイレの調査をやってるブログ。おすすめ商品や心の保ち方、映画レビューなどを書いてます。

【映画】『一週間フレンズ。』友達という名の初々しい下心がいじらしい【ネタバレ・感想】

f:id:noji_rei:20211211142718j:plain

こんにちは。 のじれいか(@noji_rei)です。 

『一週間フレンズ。』は、山﨑賢人と川口春奈の学園ラブコメ。

明るく元気な少年が恋をする同級生の女子には記憶障害があった……。

そんな彼女に一途に恋する、いじらしくてかわいい作品でした!

今回は『一週間フレンズ。』のストーリーについて、また感じたことについて書きます。よろしければお付き合いください!

 

 

【映画】『一週間フレンズ。』

 

作品情報

2016年 120分  
監督:村上正典

元気のいい山﨑賢人が新鮮

山﨑賢人と川口春奈のコンビも新鮮ね!

キャスト


長谷祐樹(山﨑賢人)高校2年生。香織に一目惚れ
藤宮香織(川口春奈)祐樹のクラスメイト、記憶障害がある
桐生将吾(松尾太陽)祐樹の友だち
山岸沙希(高橋春織)祐樹の幼馴染
九条一(上杉柊平)香織の幼馴染。祐樹たちの学校に転校してくる
藤宮志穂(国生さゆり)香織の母
藤宮隆之(甲本雅裕)香織の父
井上潤(戸次重幸)高校教諭、祐樹たちの担任
近藤まゆ(古畑星夏)香織の中学時代の同級生

予告

www.youtube.com



ストーリー

 

高校2年生の長谷祐樹(山﨑賢人)は、拾った図書カードの氏名蘭の『藤宮香織』という名前に想像をめぐらせる。するとカードを取りに現れた藤宮香織(川口春奈)の姿に祐樹は一目惚れする。

その後、祐樹は、クラス替えになった教室に、香織の姿を発見。また香織は電車に乗った祐樹が忘れた本をホームから渡してくれ、すっかり祐樹は香織に夢中になる。

だが、翌週になると香織は祐樹の存在を無視しつれない態度。

気づけば香織は、クラスの誰もと交わらず、いつも一人でいる。

そんな香織と親しくなりたい祐樹は「僕と友達になってください!」と、香織に話しかけるが「無理」と断られる。何度もめげずにアタックし続ける祐樹は、やがて香織が事故の後遺症で、一週間しか記憶がもたない記憶障害があることを知る。

そこで祐樹は香織との交換日記を思いつく。一週間交代で日々の出来事を綴るもので、やがて香織は、祐樹と過ごした出来事、祐樹の友達の、桐生将吾(松尾太陽)や山﨑沙希(高橋春織)のことをだんだん記憶できるようになっていく。

そんなとき祐樹のクラスに、九条一(上杉柊平)というイケメンが転向してくる。香織は忘れているが、一と香織はかつての両思い。実は香織の記憶障害は一が原因していて……。

山﨑賢人がとにかく一途

f:id:noji_rei:20211211142830j:plain


山﨑賢人は繊細なビジュアルからナイーヴな役柄を演じることが多いようですが、ここでは健康的な男子を演じています。新鮮ですね。

また逆に、元気で溌剌とした役柄を演じることが多めな川口春奈が、心に傷を持つ女子を演じているので、意外性のあるキャスティングも見所と言えそうです。

で、本作品で、元気な高校生の長谷祐樹を演じる山﨑賢人ですが、とにかく一途です。彼女は一週間で記憶が消えてしまう。以前から知り合いだった人や両親の存在などは記憶が定着されていますが、新規で知り合う人の記憶は一週間でリセットされます。

なので、祐樹が香織に何を話しかけようが、翌週には見知らぬ人なので、かなり切ない。香織本人もそのことを自覚しており、自分と接すると相手を嫌な気分にさせてしまうから人と交流するのを避けていますが、それを知っても祐樹は諦めません。

何度断られてもメゲることなく、交換日記をすることで、自分のことを記憶に留めさせようとする。交換日記はなかなかよいアイデアで、香織は、祐樹のこと、祐樹の友人たちのことを次第に記憶に留めるようになり、祐樹を「大切な友達」と認識できるようになります。

本当にヨカッタ。ですが、話はそう簡単には終わりません。

山﨑賢人にライバル登場(ネタバレあり)


香織は転校生でしたが、それは過去の事故とそれに伴う香織のトラウマから逃れて心機一転するためでした。

遡ること中学時代。香織は幼馴染の九条一から告白されて付き合っていました。一はモテモテで、香織の友人達にも思いを寄せる女子が多い。やがて一が香織と付き合っていることがバレ、親友・近藤まゆ(古畑星夏)をはじめ女子連中から抜け駆けしたと攻め立てられ、逃れようとした際、自動車事故に遭ったことがわかります。

その日は祭りの夜で、香織と一は会う約束をしていましたが、事故に遭った香織は現れず、一は裏切られたと香織を恨んでいたのでした


その後、高校生になった一と香織は、偶然同じクラスになりますが、香織は一を忘れているので、一を一層、苛立たせます。しかしやがて事故当時のこと、一のことを思い出した香織は、今度は祐樹とのことを忘れてしまいます。

祐樹からすれば、毎日コツコツと積み上げてきたので、本当がっかり、悲しみです……。

そして祐樹は、香織が両思いだった一との記憶を思い出し、一が好きだと自覚したことを知り、日記を燃やして身を引きます

切ない…。実は、幼馴染の山岸沙希(高橋春織)が祐樹に想いを寄せていましたが、祐樹は沙希の告白を振り切って雨の中を一人帰ります。

以前、放課後に傘を持っていない香織に自分の傘を貸した場面があるのですが、祐樹の心情を描いた象徴的な場面でした。

 

ラストはどうなるの?(ネタバレあり)

香織のことを諦めたように見えた祐樹は、交換日記を燃やして、別の日常を過ごす。同じクラスの香織と一はカップルになります。

やがて2年は終わりクラス替えでは、祐樹は別のクラスになってしまいます。

高校3年もあっという間に過ぎ、卒業式がやってきます。祐樹は香織にサイン長に何か書いてほしいと頼み、久しぶりに言葉を交わす。香織は何か違和感のようなものを感じていたのですが、思い出せずにいた。


すると、香織は図書館から呼び出されて未返却の本のことを尋ねられる。それは図書カードを忘れた祐樹の代わりに香織が借りた本でしたが、その場にいた祐樹の後輩が持っていました。

何も思い出せず本を捲ると、そこには祐樹が描いたパラパラ漫画が。祐樹は絵が上手で、二人の出会いから別れをそこに描いていたのでした。

漫画ですべてを思い出した香織は、祐樹の元に走る。

そして今度は香織から祐樹に「友達になってください!」と手を差し出すのだった。


矛盾はあるけれどよいお話(ネタバレあり)


香織が一週間で記憶を失ってしまうことが、このストーリーの核になりますが、細かい点を考えてしまうと、疑問や矛盾が出てきます。

・日曜日にリセットされるので、日曜に経験したことは1日しか記憶できないのか?

・そもそも学校に通うことは可能なのか?(特に転校当時)


……といった素朴な疑問がボロボロ出てきました。

そもそも香織は、記憶障害を克服するため高校に通っている、というのもあるのでしょうから、メモなどに書き残す努力をせず、すべて成り行きで暮らしているのは何故?とマジな疑問が湧いてしまいました。

ですが、こちらはヒューマンドラマではなくラブコメ学園もの映画なので、もうちょい軽く見てよってことであれば、祐樹がチャーミングで一途でいじらしいので、そんな山﨑健人を楽しめる映画としては大変オススメな映画なのでした。

 

U-NEXTで観よう!


こちらの『一週間フレンズ。』は現在、U-NEXTで配信中です。
 

U-NEXTは\31日間の無料/で気軽にお試しができます。クレジットカードの入力が必要ですが無料期間内に退会すれば費用は一切かかりません。

気になる作品を見て退会するのアリかも。

  • 映画、ドラマ、アニメが見放題!
  • 新作が順次配信
  • 毎月1,200円分のポイント還元!
  • 4人同時視聴可能 

   

※本記事の情報は2021年12月時点のものです。


▼ 山﨑賢人の記事はこちらにもあります!

noji-rei.hatenablog.com

noji-rei.hatenablog.com

noji-rei.hatenablog.com

noji-rei.hatenablog.com

 

それではまた。のじれいか でした。